MOVERIO
BT-300 ドキュメント

5. カメラ制御

5.1. カメラ制御概要

BT-300 は、ヘッドセットにカメラを搭載しています。通常の撮影に加え、マーカー認識などの用途に使うことができます。

5.1.1. 内蔵カメラの主な仕様

表 5-1 内蔵カメラの主な仕様
項目 内容
解像度 Picture size 2560x1920/ 1920x1080/ 1280x720/ 640x480/
Preview size 1920x1080/ 1280x720/ 640x480/
Video size 1920x1080/ 1280x720/ 640x480/
フレームレート   30fps
露出補正 最大、最小 max: +5, min: -5
ホワイトバランス   auto/ incandescent/ fluorescent/ warm-fluorescent/ daylight/ cloudy-daylight/ shade/ twilight
シーンモード   auto/ action/ portrait/ night/ barcode

※バーコードやQRコードの読み取りに適した映像補正が行われるシーンモードです。プリインストールのカメラアプリには、バーコードの読み取り機能はありません。バーコードの読み取りを行う場合には、スキャナなどのハードウェアや、Android標準APIに対応した読み取りライブラリをご利用下さい。

5.1.2. 外部接続カメラ

  • BT-300では、micro-USBコネクタに、UVC1.1対応カメラを接続して使用することができます。
  • 撮影可能な画像解像度やフレームレートは、お使いになるカメラに依存します。
  • 全てのUVC対応カメラでの動作を保証しているわけではありませんのでご注意ください。

5.1.3. カメラの解放処理に関する注意事項

カメラをオープンしている状態においてユーザーがHOMEキーを押した場合、アプリケーションはバックグラウンドに退避しますが、その際に、カメラの解放処理を必ず行うようにしてください。具体的には、onPauseメソッドの中でカメラの解放処理を記述して下さい。特に、外部接続カメラについては、解放処理を行わない状態で着脱を行うと、正しく接続できない状態となることがありますので注意して下さい。

Go to Top