MOVERIO
BT-40/40S サポートツール

Moverio Basic Function SDKリリースノート

1. Moverio Basic Function SDK バージョン1.1.0の新機能

以下はバージョン1.1.0で追加された新機能です。

  • BT-40/40Sでの動作をサポートするようになりました。
  • Moverioに搭載されているディスプレイの表示/非表示の切り替えをサポートするようになりました。
  • Moverioに搭載されているディスプレイの仮想的な表示距離の調整をサポートするようになりました。
  • Moverioに搭載されているディスプレイの自動スリープやユーザースリープの設定の変更をサポートするようになりました。
  • Moverioに新たに搭載された各種センサーのデータの取得をサポートするようになりました。
  • Moverioとホスト機器の接続状態の変化の検知をサポートするようになりました。
  • Moverioのモデル情報やヘッドセットシリアル番号の取得をサポートするようになりました。
  • Moverioの専用コントローラーのタッチ操作モードの切り替えをサポートするようになりました。
  • Moverioの専用コントローラーのキー/タッチ操作に制限をかける機能をサポートするようになりました。
  • Moverioの専用コントローラーのキー操作のカスタマイズをサポートするようになりました。

2. Moverio Basic Function SDK バージョン1.1.0の既知の問題

  • Basic function SDKのカメラ機能を利用するアプリをtargetSdkVersion 28以上でビルドした場合、Android 10のスマートフォンでは正常に動作しない場合があります。
    ※2020年7月時点で、この現象が発生することを確認できている機種は、Sony社製スマートフォンXperia 1、Essential Products 社製スマートフォンEssential Phoneです。
  • Basic function SDKで取得したカメラ映像全体にチェッカーのようなパターンが発生します。

3. リリースノート履歴

バージョン 更新開始日 アップデート内容
1.0.0 2019.04.04
  • 初回リリース
1.0.1 2019.06.26
  • 特定のスマートフォンとBT-35Eの組み合わせでMoverio SDKのカメラ機能を使用すると、スマートフォンのシステムがハングアップする現象の修正。
1.1.0 2020.12.14
  • Moverio SDKからBasic function SDKへ名称変更
  • BT-40/40Sの動作をサポート
  • ディスプレイの表示/非表示の切り替えをサポート
  • ディスプレイの仮想的な表示距離の調整をサポート
  • ディスプレイの自動スリープやユーザースリープの設定の変更をサポート
  • 新たに搭載された各種センサーのデータの取得をサポート
  • ホスト機器の接続状態の変化の検知をサポート
  • モデル情報やヘッドセットシリアル番号の取得をサポート
  • 専用コントローラーのタッチ操作モードの切り替えをサポート
  • 専用コントローラーのキー/タッチ操作に制限をかける機能をサポート
  • 専用コントローラーのキー操作のカスタマイズをサポート
Go to Top